自然の恵み 春夏秋冬

日本での写真撮影

写真撮影に使うツールには、さまざまな種類があります。

  • 一眼レフ
  • デジタルカメラ
  • スマートフォン

上記の3つが、現在の主流な道具だと言えるでしょう。

現在はスマートフォンが発達し、誰でも気軽に高画質の写真が撮影できるようになりました。デジタルカメラもここ10年でますますコンパクト、高品質になっています。

一方で、一眼レフや三脚を用いた本格的な写真撮影を好む人もまだまだ多く、より操作が簡単なミラーレス一眼なども普及しています。

ニコンやキャノンなど、日本のカメラメーカーは世界中で親しまれ、多くのファンを獲得しています。

日本でのSNS文化と写真

日本では若い女性の中でも一眼レフが流行し、「カメラ女子」という言葉も生まれました。またツイッターやインスタグラムなどのSNSが流行したことで、旅行などの特別な機会だけでなく、日常的に写真撮影をする人が増えています。

特にインスタグラムで人に注目されるという意味の「インスタ映え」という言葉が現在日本では広がってるように、フォトジェニックな被写体や場所を目的に旅行したり、商品を購入する動きが増えています。

しかし、こうしたSNSへの画像アップロードが日常となった文化は、時に論争の的にもなります。事件や事故に遭遇した際、現場での適切な対処よりも写真撮影を優先する人がいることや、撮影後用なしとなった食品や商品を廃棄するなどの行為は、しばしば倫理的な観点から問題視され、批判されています。

ソファーでのんびりカジノ

12 nov 2017

少しずつ、空気に冬の匂いを感じる今日この頃。朝晩は肌寒くなってきましたね。

夏はビーチにビアガーデンとアクティブに動き回る私ですが、寒いのはとっても苦手なんです。会社と自宅の往復をするだけで、ほとんど外出しません。冬は引きこもりです。ソファーでぬくぬくとゴロゴロするのが冬の定番。もちろん、体重も少しばかり増えちゃいます。でも気にしません、毎年夏には夏バテで少しばかり体重が減るので、まぁ、バランスは取れているといいましょうか。なんだか「冬眠」みたいですね。

今年も冬眠の準備を始めました。柔らかいソックスとらくちんな部屋着を買いました。そして私がいつも自宅のソファー、またはベッドですること、といえば、「オンラインカジノ」です。

とにかく寒い外に出ると、歯のガチガチが止まらない私、自宅でテレビを見ていても、しばらくすると飽きちゃいます。そこで、あったか〜い自宅で楽しめるのが「オンラインカジノ」なんです。

通常、海外のカジノへ行く場合は少しドレスアップして、パスポート持参で行きますよね。でももう、時代はオンラインです。海外に行かなくたって、外に出なくたって、本場の「オンラインカジノ」が気軽にどこでも楽しめちゃいます。えー、でもコンピューターなんでしょ?っていうあなた!今やオンラインカジノにはライブカジノというものもあり、実際にディーラーがカードを配ってくれ、チャットをしながら、本場のテーブルゲームもプレイできるんですよ。

ヨーロッバではかなり人気のオンラインカジノ。ハリウッドスターや大富豪たちが集まるモンテカルロの有名カジノだって、今やオンラインカジノを運営しています。

まぁ、映画と一緒ですね。映画館に出かけて映画を観るのはいいものです。でも、出かけるのが面倒・・・特に寒い日には。(反対に暑いのが苦手の人もいるでしょうね)そんな時には好きな映画をダウンロードして観ますよね。オンラインカジノも私にとっては同じ感覚です。ダウンロードしなくていいぶん、もっと手軽です。

そして・・・結構、勝てちゃったりするんですよ。オンラインカジノはランドカジノと違い、いろんなボーナスが貰えちゃいます。ランドカジノで貰えるサービスと言ったらコーヒー紅茶サンドイッチくらい。ずっと座ってるのも結構疲れちゃいます。でも今は、自宅でワイン片手にスマホでプレイしてます。一度なんて、ワイン飲みすぎちゃったのか眠りかけて、ボーナスゲームに入った時の派手な音楽で目が覚めちゃいました。焦りました。

皆さんも、寒い冬の退屈な時間、オンラインカジノを試してみては?退屈な時間が楽しいひと時に変わります。あ、でも、のめり込まないようにね。